これから自営業をする方にオススメのレンタルサーバー

フリーランスや自営業でビジネスをしている方にとって、自分のビジネスをアピールする場としてホームページを持つことは大切です。ホームページのURLを名刺に載せておけば宣伝にもなります。レンタルサーバー 自営業の方であっても借りたほうが良いでしょう。自前のサーバーを管理することは用意ではありません。

344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_s

基本的にサーバーは24時間稼働させなくてはいけませんから、自宅にサーバーを置いてしまうと電気代が跳ね上がります。多くのレンタルサーバー 自営業の方が使えるように料金設定が安くなっています。安いサーバーですと月々数百円しかかかりませんのでコーヒー一杯分しかかかりません。

フリーランスでデザイナーやプログラマーをやっている方もレンタルサーバーを借りた方が良いでしょう。ホームページに自分の行ってきた仕事の実績を掲載しておけば、待っていても仕事が舞い込んでくる可能性もあります。レンタルサーバー 自営業にオススメのサーバーは、ハッスル、さくら、ロリポップなどになります。いずれのサーバーも長年の営業実績があるので信頼して使うことができます。ただ最初は一年契約ではなく、3ヶ月契約など短めにして様子を見ると良いでしょう。それぞれのサーバーによって使い勝手が違いますし、自分に合う合わないがあるかと思います。しばらく使ってみて感触を確かめてみることをオススメします。

中級編!目的別 レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバー 選び方にはいくつか方法があります。アクセスの多いサイトを制作する予定があるなら安定した評価を得ているXserverやAmazonWebServerなどを利用すると良いでしょう。月数万~数十万アクセス程度であればXserverで十分でしょう。AWSは従量課金制になっているので、使った分だけ料金がかかる仕組みになっており、アクセスにバラつきが出そうなときに選ぶと良いでしょう。

ebf44c01e7a033ac6f9e0cbe4d9c3961_s

ただしAWSはコントロールパネルなどが複雑で初心者が使おうとすると途中で挫折する可能性があります。初心者のレンタルサーバー 選び方としては、既にユーザが多く、ネットで検索した時に利用者の感想が多く出ているサーバーを選択した方が無難でしょう。また値段重視でサーバーを選ぶならロリポップが良いでしょう。

価格がとても安く、初心者向きと言えます。ただ安い分、サーバーが落ちることがあるので、安定性を重視するならミニバードやXserverに後から切り替えたほうが良いかもしれません。レンタルサーバー 選び方は迷うと思いますが、後からサーバ移転することができますので、最初は気に入ったサービスを利用してみるのも一つの手です。制作したサイトにどれだけのアクセスが来るのか予想はできないと思いますので、アクセスがほとんど来ないと仮定して低料金のサーバを選ぶと失敗が少ないでしょう。

レンタルサーバーの基礎知識

みなさんはレンタルサーバーと聞いてどういうのを思い浮かべますでしょうか?きっと多くの方はレンタルサーバーと聞いても具体的にどういう物か分からないという方が多いと思います。

では、レンタルサーバー 基礎知識を知らないという方にレンタルサーバー 基礎について教えるならそれはプロバイダ等の専門の業者が持っているコンピューターを利用してハードディスクにインターネットからアクセスしてファイルなどを保管してもらうのがレンタルサーバーというものです。

ですが、多くの方はレンタルサーバーと聞いてサーバーを借りるという事は分かっても物理的に借りるのでないという事までは分かっていないと思います。

ですが実際のレンタルサーバーというのは何かを借りてきて事務所等に置くわけではないです。

a46032c118507bab5a13092abecf8731_s

ですから、多くの方はレンタルサーバー 基礎についてきちんと理解していなかったと思いますがそういう方も今後はレンタルサーバーがどういうものでレンタルサーバーを使ってみる価値がどれだけあるか分かるのでこれまでレンタルサーバーがどういうものか分かっていなかったという方はレンタルサーバーの基礎をよく理解した上でレンタルサーバーを利用される事をおすすめします。

レンタルサーバーで出来る事はこんなにもあった☆

レンタルサーバー 初心者がホームページを立ち上げる際に迷ってしまうのは、どのようなコンテンツを配置すれば良いのかということではないでしょうか。一番のオススメは掲示板を設置することです。

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

掲示板の設置にはCGIが必要となることが多いですが、今はどのレンタルサーバーも用意してあるので心配はしなくても大丈夫です。掲示板を設置して読者の声を聞くことで、HPのコンテンツの方向性を修正することができるようになります。またレンタルサーバー 初心者であっても、今流行りのWordpressを導入することができます。

WordPressを設置する際には、サーバーでPHPが使えることが条件になりますが、今はどのサーバーもだいたいWordpressに対応しています。インストールもクリック一つでできるようになっているので簡単です。逆にレンタルサーバー 初心者がしてはいけないのは、データベースなどをいじることです。

サーバーのファイルにはデータベースを格納したファイルがありますが、こういったファイルの中身をいじってアップすると、ホームページを表示する際にエラーが発生する可能性があります。Mysqlなどのデータベースの取り扱い方を勉強してからデータを改変するようにした方が良いでしょう。

初心者でもわかる!レンタルサーバーの使い方

これからホームページを作りたいという方がしなければならないのはレンタルサーバーを借りることです。自前でサーバーをセットアップして、自宅サーバーを使うというパソコンオタクな方であればレンタルサーバーは不要ですが、セキュリティの面をしっかりしなければならないですし自分でサーバーを管理するのは大変です。やはりサーバーはレンタルする方が簡単で安いのでお得です。

レンタルサーバー 使い方ですが、サーバーを提供している会社のホームページのマニュアルを丁寧に読みこめばすぐわかるようになっています。具体的なレンタルサーバー 使い方としては、まず取得したドメインに対してDNSというネームサーバの設定をします。これはドメイン管理会社のコントロールパネルを使えばすぐに設定完了できます。注意点としては、このDNSの設定が反映されるまでに数日かかる場合があるということです。初心者はこのことを知らずに慌ててしまうというケースがよくあるのです。

使い方

次のレンタルサーバー 使い方の手順として、ファイルをアップするためにFTPソフトを使う練習が必要です。FFFTPというソフトが使い勝手がよくオススメです。サーバに接続する時にユーザ名やパスワードが必要になりますのでレンタルサーバー 使い方のマニュアルを熟読するようにした方が良いでしょう。

レンタルサーバーのデメリットって?

自前のサーバーとレンタルサーバーとでは、メリットとデメリットがありますのでよくよく考えて導入する必要があります。そこで今回は、レンタルサーバーのデメリットについてお話をしたいと思います。お得な話だけでは怪しまれてしまうと思いますので、こうしたことを大っぴらにすることも大切なんですよね。是非とも聞いてください。

メリットとデメリット

まずレンタルサーバー デメリットについてですが、何と言ってもすぐの故障や不具合に対応出来るスタッフがいるかいないか分からないという点ですよね。コンピューターである以上、不具合は付きものになります。だからこそ、緊急事態や不測の事態に備えて人員を確保しておく必要があるのです。

しかしレンタルサーバーの場合、こうした状況にすぐさま対応してもらえるか不透明な部分がありますので、何かがあった時には非常に困ってしまうんですよ。もっとも、こうした状況を事前に察知している企業や業者も多いので、あくまでもレンタルサーバー デメリットとしてはこうした状況を想定していない業者という限定的な話にはなってしまいますが。
そしてもう一つ、レンタルサーバー デメリットは容量を増やすごとに費用がかさんでしまう点ですね。これは地味に痛いですよ。

知っておきたい!レンタルサーバーの歴史

レンタルサーバーの歴史は長いものがあります、これはやはり圧倒的にデータ量が多い企業で活用されており顧客情報や企業情報など幕体なデータ量を自社では保管できないものなのでこのようなサービスを利用しているのです。
初期の頃はやはり少ない容量でしかなかったですが徐々に容量も増えてきたおりレンタルサーバーの歴史はこのように技術革新の結果で進化してきました。

レンタルサーバーの歴史

また置かれているサーバーは企業秘密となっており所在は不明です、これは情報がもれないために秘密にされており国内や海外に置かれています、日本のものはほぼ国内にあり地震などの影響を受けないように頑丈に守られておりますので安心です。
テロやハッカーなどの攻撃などにもセキュリティはしっかりしていますので企業の多くはレンタルサーバーに移行して歴史も古くから新しいものまでしっかりしているものなのです。

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s

情報は大事であり企業にとって財産です、このような財産が守られる情報はしっかりしたところでまた万全のセキュリティではないと漏れることがあっては信用問題にもなりかせません。
ですからサーバー業者も神経を張り巡らせており信用問題がないと離れてしまいますのでやはり万全にしていますね。

オススメのレンタルサーバー3選ご紹介!

WEBサイトを公開しようと思ったけれど、どのサービスを利用したらいいか分からない。
そんな人のためのレンタルサーバー オススメ3選を紹介します。

レンタルサーバー オススメランク1位「エックスサーバー」
機能が多く抜群の安定性を誇るレンタルサーバーです。
とにかくエックスサーバーを利用すれば大抵のWEBサイトは問題なく運営できます。
費用も月1,000円~と利用しやすく幅広いユーザーへ自信を持っておすすめできます。
サブドメインやメールアカウント作成にも制限がありません。

レンサバ

レンタルサーバー オススメランク2位「お名前.comレンタルサーバー」
お名前.comと言えばドメインを提供している有名なサービスですが、レンタルサーバーも運営しています。
ドメインと合わせて申し込むと割り引かれるなどのサービスがあり非常に利用しやすいです。
費用も月900円~と比較的安価で安定したレンタルサーバーです。

レンタルサーバー オススメランク3位「ロリポップレンタルサーバー」
初心者にとっても非常に扱いやすい安価なレンタルサーバーです。
マニュアルが分かりやすいので始めて利用するレンタルサーバーとしてうってつけです。
また料金も月100円~と非常にリーズナブルです。
月250円のプランでワードプレスが利用できるなど個人のWEBサイトであれば十分な機能を持っています。

レンタルサーバーのメリットって?

レンタルサーバー メリットと言えばやはりサーバーの管理をしなくて良いという点が最重要です。
自宅でサーバーを運用する場合には常に稼働状況をチェックする必要があります。
何らかの影響でエラーが発生すると時間帯に関わらずすぐに対応しなくてはなりません。
普通の生活をしていると24時間対応することは難しいでしょう。

メリット

レンタルサーバーは個人で利用する程度のものであれば非常に安価で借りる事ができます。
レンタルサーバー メリットに対してコストが非常に安く一般的に広く利用されています。
また広告などを表示することで無料で利用出来るレンタルサーバーも少なくありません。
自宅で運用する場合には少なくとも電気代がかかるため無料で貸出してくれるというのは非常に魅力的です。

これ以外のレンタルサーバー メリットと言えばメンテナンスをしなくても良いという事でしょうか。
パソコンは機械ですから定期的にメンテナンスを行い必要であればパーツの交換が必要になります。
ランニングコストがかかってくることを考えるとレンタルサーバーの費用はとても安いということがわかるでしょう。

また運営するWEBサイトへアクセスが集中した場合に家庭用の回線ではトラフィックを捌ききれない可能性が非常に高いでしょう。
レンタルサーバーなら状況に合わせてサービスやプランを乗り換える事が非常に簡単です。

レンタルサーバーって何?どんなもの?

レンタルサーバー とはWEBサイトを公開するためのスペースを貸出しているサービスの事です。
もしレンタルサーバーを利用しない場合には自分のパソコンをサーバー化して1日中付けっぱなしにしておく必要があります。
電気代もかかりますしセキュリティ対策をする必要もあり、
不具合があれば自分で対応する事も必須になってきます。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバー とは、そうした手間を全て業者が処理してくれるものです。
個人でWEBサイトを公開する場合には自宅サーバーを用意することはまずないでしょう。
知識や機材が揃っていたとしてもコスト面や手間を考えるとレンタルサーバーを利用してしまったほうが楽で安上がりになります。
もちろん用途に合わせて利用出来るデータ量や通信料、安定性などを考慮して高額なサービスしか利用できない場合もあります。
ただ、そういったサービスしか利用できない場合も自宅でサーバーを用意するのであればそれ以上にコストがかかる事がほとんどでしょう。

このように様々な用途に合わせて複数のプランやサービスが存在しています。
その中でも個人の利用者が圧倒的に多い格安なレンタルサーバーも存在しています。
格安のレンタルサーバー とは月額数百円~のサービスを指します。
自宅でパソコンをつけっぱなしにしている電気代を考慮すればとても安いということが理解できるかと思います。